構造材

PRODUCTS

products 構造材 Kōzō-zai

構造材(こうぞうざい)とは、建築物の骨組みになる部材の事で柱や土台、桁などがそれにあたります。

材木屋は、製材品の種類を主に「用途」で分類しています。
これは丸太の選別・選定はもとより、鋸入れの時点では既に用途を想定して製材を行うことが前提となることから、何にどのように使うのかの「用途」で、丸太の種類や規格、数百種類にも及ぶ製材品の規格を「構造材」「野物(羽柄)材」「造作材」の大きく3つに分類しています。

ここでご紹介する「構造材」は、主に建築物の「骨組」に使用される比較的大きい部材のことで、土台や柱、母屋・束などの正角に製材された「角材」や、梁・桁などの断面が長方形に製材された「平角材」などがそれにあたります。部材自体が比較的大きいため。1本の原木丸太から、1本の製材品を作るように製材される事が多いのも構造材の特徴になります。

構造材の種類は、「形状 + 乾燥方法」で、様々な用途に対応しています。

形状構造材の種類と規格

正角(しょうかく)と 平角(ひらかく)

一般的に構造材として販売している規格寸法には、断面が正方形の「正角材」と、断面が長方形の「平角材」の2種類があります。正角材は主に用途で呼称されることが多く、土台(どだい)・大引(おおびき)・柱(はしら)・桁(けた)・母屋(もや)・束(つか)・火打梁(ひうちばり)など、一般建築の部位を用いて、土台角や柱角などと呼びます。田村材木店が製材する正角材には「スギ」と「ヒノキ」の2種類の樹種がありますので、先程の用途に樹種を加えて「ヒノキの柱角」や「スギの柱角」となります。
平角材は、断面が正方形の正角材に対して、断面を長方形に製材した角材を平角材と呼びます。平角材は主に建築部材の、梁(はり)・桁(けた)に使用することを前提に製材した製品になり、製材品の体積も大きいため、正角材の梁・桁などに対し「大梁材」や「大桁材」などとも呼称されます。田村材木店では特別な注文がない限り、通常品として「スギ」の平角材を生産しています。

正角材樹種:スギ・ヒノキ

  • 日光杉

    角材の断面は正方形で、一般規格寸法として常備しているのは、90㎜角(3寸角)、105㎜角(3寸5分角)、120㎜角(4寸角)になりますが、田村材木店ではその大半が10~15㎜大きい「半製品」で在庫しており、注文に応じて修正挽き・仕上げ加工を行い出荷となります。長さは構造材においては1M刻みとなります。また、規格寸法以外の特殊な寸法の製材・乾燥・長期ストックも承ります。

  • 正角材:規格寸法(一部抜粋)mm
    長さ 太さ
    2000 90角 105角 120角
    3000 90角 105角 120角
    4000 90角 105角 120角
    5000 105角 120角
    6000 105角 120角

平角材樹種:スギ

  • 日光杉 大桁

    平角材の断面は長方形で、一般的には建築物の梁・桁に使用されることを前提として生産しており、その規格寸法は断面長方形の短手方向は、柱の太さに合わせ105㎜と120㎜が基本になり、長手方向は建築用語で梁背(はりせい)と呼び30㎜(1寸)刻みで120㎜から在庫しております。こちらも角材同様10~15㎜大きい「半製品」で在庫しており、注文に応じて修正挽き・仕上げ加工を行い出荷となります。規格寸法以外の特殊な寸法の製材・乾燥・長期ストックも承ります。

  • 平角材:規格寸法(一部抜粋)mm
    長さ 厚み 梁背
    2000 105 120~390
    3000 105 120~390
    4000 105 120~390
    5000 105 120~390
    6000 105 120~390
         
    2000 120 150~390
    3000 120 150~390
    4000 120 150~390
    5000 120 150~390
    6000 120 150~390

乾燥dry

構造材の乾燥方法

田村材木店では、建築様式や加工の方法、建築業者のスタイルに合わせた、乾燥方法をご提案しています。
田村材木店が生産する構造材の乾燥方法は、天然乾燥・人工乾燥(高温)・ハイブリッド乾燥の3種類です。

天然乾燥
  • 色・艶が美しく、しなやかに強い。天然乾燥材

    日光二社一寺の門前町で日本の伝統工法を支える純然な「天然乾燥材」を生産しています。

    適度な水分があり、熱による応力がかからないため、加工性に優れ、手刻みや細工を施す作業に適しています。昔ながらの伝統工法や、大工さんによる手刻みでの建築に使用する場合にお勧めしています。

  • 平角

天然乾燥はその名の通り、製材後、風通しの良い屋根の下で、自然に木材中の水分が低下するのを待つ乾燥方法で、木材の寸法や樹種にもよりますが、半年から1年、長いものでは10年以上放置しておく必要があり、生産する側にとっては在庫負担の大きな方法です。人工的に熱を加えるなどして短期間に木材中の水分を低下させないので、木が本来持っている色・艶や・香りを損なう事がなく、木の特徴であるしなやかさと粘り強さを最大に活かすことができます。日本建築の歴史の中で唯一変わらない乾燥方法が「天然乾燥」です。しかし、ある一定の木材中の水分量は天然だけでは下げる事ができないので、特に近年の気密性の高い建築では施工後、木材の乾燥が更に進み変形や収縮、割れなどによって仕口部分に支障をきたす場合があります。構造材においての天然乾燥材は、熟練した技術と経験が加わる事によって、どんな乾燥方法よりも木の特性を活かすことのできる乾燥方法であるといえる半面、近年では一般的になっている機械加工(プレカット)には向かない乾燥方法だともいえます。
田村材木店では、ヒノキ・スギの大黒柱用太角、ヒノキ・スギ役物柱、スギ平角材を天然乾燥で在庫しております。詳しくはお問い合わせください。

  • 桧背割柱
  • 軸組在来
  • 大桁
  • 杉梁桁
  • 桧太角
高温乾燥
  • 寸法安定性が最大の特徴。
    蒸気式高温乾燥材

    自然乾燥では難しい含水率の意図的な調整と割れ・変化を抑える乾燥方法です。

    一般市場に最も多く流通している人工乾燥構造材。寸法安定性が高く、後々の寸法変化が最も少ない乾燥方法です。プレカットで加工される場合にお勧めしています。

  • 高温乾燥材

高温乾燥材は、主に90㎜角材以上の構造材(平角や柱角)に用いられる乾燥方法で、現在市場に流通するKD※材は粗この方法で乾燥させた製材品になります。今でこそ高温乾燥は一般的な乾燥方法として認知されていますが、芯持ち(芯付き)材に背割れを入れることなく乾燥割れを防ぐ画期的な方法として、2000年頃から一気に全国へと広がりました。
高温乾燥を簡単に説明すると、木材は水分と熱を同時に作用させることによって軟らかくなる(軟化する)性質があります。この性質を利用し、柔らかくなって応力が緩和している状態で乾燥が進むと、表面が固まる現象が現れます、これを「ドライングセット」といいます。ドライングセットが形成された後は、そのまま人工乾燥機内の温度を下げながら中心部まで意図的に水分を抜いていく乾燥方法になります。
この高温乾燥材は、ドライングセットが作用しているため、乾燥後は大きな割れや寸法の変化が起こりにくくなります。但し、通常120℃程度まで温度を上げる事が必要になるので、色艶の変化や、香り成分の飛散、被削性(削りやすさ)の低下、内部割れの発生などが問題点として挙げられます。どれも一般建築に於ける施工や強度に関して問題がないことから、プレカットや金物工法が発達した現在では最も流通量の多い乾燥方法となっています。

※KD材(kiln dry キルンドライ/釜 乾かす):材木屋では人工乾燥機の事を「釜」と呼称しますので、釜で乾かすことを総称してKD材といいます。KD材にはその温度によって「高温・中温・低温」に別れ仕上がりも大きく異なります。また、熱源が「蒸気・電気」によっても仕上がりが異なります。

  • 日光杉 柱角
  • 在来軸組
  • 養生乾燥
  • 釜出
  • 養生乾燥 桟積
HD乾燥
  • 天然乾燥+高温乾燥
    =ハイブリッド乾燥材

    製品自体に大きなデメリットを持たない非常に優れた乾燥方法です。

    天然乾燥に近い色艶と作業性、高温乾燥に近い寸法安定性を合わせた乾燥方法です。プレカット加工や一般建築に於ける手刻加工など幅広い用途に対応する事ができます。

  • ハイブリッド乾燥材

ハイブリッド乾燥材とは、天然乾燥の木材本来の粘り強さと色艶香、
そして人工乾燥の寸法安定性を組み合わせた乾燥材です。

弊社のハイブリッド乾燥は大分方式乾燥と基本的には同じ原理で乾燥しますが、原理は意外と単純で、蒸煮からドライングセット(表面硬化)がかかるまでの期間(約1日程度)のみ高温乾燥と同じ工程で人工乾燥を行い、その後は乾燥機から出して天然乾燥と同様に、屋根の下に放置して3ヵ月~数年の間、自然に乾燥を行う方法です。自然乾燥と高温乾燥の双方の工程をあわせて行う事で、背割を入れずとも表面の大きな割れを極端に減らし、寸法安定性も高めることができます。色艶は天然乾燥に程近く高温乾燥とは大きく異なり、極端な応力が掛からないので大工さんの手刻みにも支障をきたす事がありません。生産するために手間は二重に掛かりますが双方の良い所取りをした乾燥方法といえます。
この乾燥方法は蒸気式の高温乾燥機が導入されている製材工場であれば全国どこでも造る事は可能ですが、天然乾燥と人工乾燥の両方の手間と時間が掛かることから、生産する工場が少ないのが現状です。2000年代に入り大分県林産試験場で本格的な試験と共に県職員による広報宣伝によって、大分方式乾燥材という名称で全国的にその名が広まりましたが、実際には木の成長量と生産量から大型生産工場が多く点在する大分県では高温乾燥材が主流であり、大分の名前をとった乾燥法であっても同県内で一般的に流通しているとは言えない現状になっているようです。

田村材木店では、このハイブリッド乾燥材を標準在庫としておりますが、天然乾燥同様の乾燥期間が必要であること、そして保管数量に限りがあることから、ご注文の際には事前に在庫確認をお願いしております。また、工期に余裕がある場合は、必要数量をオーダーで生産し弊社天然乾燥施設内で加工直前までお預かりするサービスも行っております。詳しくはお問い合わせください。

  • 日光杉 柱角
  • 宇大ヒノキ ドライングセット
  • 手刻み 手加工
  • 仕口加工
  • 天然乾燥

トラス工法
田村材木店の天然乾燥施設は、全て日光産のスギ、105角・120角(無等級材)を、ハイブリッド乾燥で仕上げ、2011年に竣工いたしました。

プレカットprecut

プレカットして現場にお届けいたします。

建築ニーズに合わせた乾燥方法で、日光の木をプレカットして現場にお届けいたします。プレカットは通常の構造材の他に、間柱や筋交い、タルキなどの羽柄材にも対応しています。また、必要に応じて造作材も加工して納材しております。1990年以降爆発的に広がったプレカット加工も近年では大幅に精度が上がり、加工技師の教育と共に加工時の品質確認までおこなえるようになりました。そうした加工技術が進む一方、木材の流通は簡素化され書面だけで木材が流通する時代となりました。結果、手刻み以上の加工精度を誇りつつも、未だ木の良さを活かすことができないのは、その流通形態と出荷する側の品質管理不足によるものだと考えられます。
田村材木店では、どこにどのように使用するのかを指示する「番付」を、部材全てに書き込み、東西南北・上下・左右の方向までも指定して加工に入ります。本来大工さんが行っていた作業工程を、製材する田村材木店が対応する事で、より木の特性を活かした使い方をプレカットに加えることができます。
機械は使い手次第。人工乾燥機同様仕上がりは使い方次第で良くも悪くもなります。ぜひ、田村材木店のプレカットをご利用ください。

プレカット

無料お預かりcustody service

1年間無料でお預かりいたします。オーダーメイドの作り置きサービス

ハイブリッド乾燥材や天然乾燥材は、一旦在庫全てを完売してしまうと、新たに製材して出荷できるまでにかなりの期間を要します。そうならないように一定数の在庫管理はしておりますが、突然の大口注文で在庫が空になることもあり、ご利用を予定されていたお客さまにご迷惑をおかけすることもあります。そこで始めたのが「作り置きサービス」です。
工務店さまの都合に合わせた必要な寸面の必要な数量だけ製材して、必要なタイミングで仕上げてお届けするまで、1年間無料でお預かりいたします。

無料預り保管サーピス
天然乾燥材・ハイブリッド乾燥材には最適です。
保管場所にお困りの工務店さま・建主さまにお勧めです。
混入・流用はありません。
このお預かりサービスに対応しているのは下記の製材品のみになります。
お預かりサービス対応製材品mm
機種 長さ 寸法
杉・桧 3000 105角 120角
杉・桧 4000 105角 120角

無料お預かりの仕組みを簡単に解説。
例えば…
ヒノキ 3mの120角 200本をハイブリッド乾燥で注文した場合。

ご注文フロー

  • 矢印

    120角の場合、約10ミリ大きい130ミリ角で製材します。
    ハイブリッド乾燥の場合は、桟積みして人工乾燥機でドライングセットをかけます。
    表面にセットがかかったところで釜から出します。
    その状態のまま、天然乾燥施設内で自然乾燥を行います。
    天然乾燥の場合は、製材後桟積みしてそのまま天然乾燥施設内で自然に乾燥させます。

  • 無料お預かりの仕組み
  • 建主さまとご一緒に建学も可能です。
  • 桟積み

    通常、ヒノキの120角・105角の場合、ハイブリッド乾燥で3ヵ月程度で使用できる含水率にまで下がります。スギの場合はもう少し長くて4~5ヵ月。
    お時間が許せば半年以上、じっくりと屋根のある風通しの良い場所で自然に乾かすことが理想的なので、田村材木店の天然乾燥施設でのお預りをお勧めしています。

  • 製材日から1年間は無料お預かり期間です。
  • 無料お預かりサービスの流れ

    ※栃木県外への配送の場合は、配送料が発生いたしますので
    この時点で合わせてご請求をさせていただきます。

【ご注文いただいていた数量と、使用する数量が異なる場合】

■発注数量(取置数量)が実際必要とする数量より少なかった場合。
例:200本発注 → 220本必要
不足する20本はお預り材では対応ができなくなります。弊社の在庫材での不足分補填は可能ですが、その際の乾燥材種別(KD・AD・HD)の選択ができない場合が想定されます。

■発注数量(取置数量)が実際必要とする数量より多かった場合。
例:200本発注 → 180本使用
ご発注いただいた数量の約10%程度の減であれば、余った20本は弊社の在庫とし、その際の余材はその時点で取り置きから除外いたします。もちろん、ご請求は残金の80本分のみとなります。詳しくはお問い合わせください。

以上のように、10%程度以内であれば、多めに発注しても使わなかった分のご請求はいたしませんので、実際に必要となる数量より、少し多めにご発注いただく事をお勧めいたします。

  • 矢印
  • 桟積み

    製材日から1年間経過後は有料でのお預かりとなります。
    ご注文数×保管料となりますので詳しくはお問い合わせください。
    また、納品が完了していない場合のお預かりしている製材品の残金(半金)は、この時点でご請求させていただきます。詳しくはお問い合わせください。

オリジナルすりばんsuriban

「すりばん」を摺ってお届いたします。建築現場は、オリジナル「すりばん」で変わります。

お預かりサービスと連動して、昔ながらの「すりばん」表示サービスを行っています。

オリジナルすりばん

  • 通常、田村材木店では、すりばん表示を希望される場合には、産地と出荷種別によって「すりばん」表示を変えて対応しております。

    オリジナルすりばん
  • 日光市産材の場合は「とちぎ日光材」すりばん。
    森林認証材の場合は「森林認証材」すりばん。
    宇都宮大学演習林産の場合は「宇大ヒノキ・スギ」すりばん。
    弊社の名前入りがご希望の場合は「有限会社田村材木店」すりばん。
    このように、様々な「すりばん」を使って、柱などに文字を摺って表示させる事ができます。

    オリジナルすりばん

オリジナルのすりばんを作成して、柱に摺ってお届けいたします。

田村材木店が保有するすりばん表示ではなく、工務店さま独自のすりばんを作成して、出荷時に田村材木店がその独自のすりばんを柱に摺ってお届けすることができます。

  • 御社の会社名や、キャッチコピー、ロゴマークなどのすりばんを作ることができます。すりばんなので、極端に細かい文字やロゴ、全長70センチを超えてしまうような文字数は作ることができません。詳しくはお問い合わせください

    キャッチコピー・ロゴマーク
  • オリジナルすりばん
  • すりばんの制作費用について。

    すりばん作成にかかる費用は実費でご負担していただき、作成したすりばんは弊社で保管・管理させていただきます。
    文字数や書体、ロゴの形などによって費用は変わりますが、弊社のすりばんは一枚で大凡¥25,000~¥35,000程度。以前は銅板で作成していましたが、近年はアルミ製になりました。耐用年数は頻度にもよりますが弊社の場合10年以上は使用しています。細かい文字の接合部分が欠けてしまったり割れてしまうこともありますが、手直ししながら使用し、それでも使えなくなれば都度ご相談をさせていただきます。

  • 割れ欠け
  • すりばんを摺る手間について。

    1本につき1面であれば摺手間は基本無料です。極端に大きなすりばんや、すりばんとステッカーなどの併用の場合は、別途費用をいただく場合がありますので、ご相談ください。また、すりばんは、プレカット等によるプリンターのような吹付の印字とは異なり、一本一本手作業でのすりばん摺りになりますので、墨の出具合や摺る職人によって、風合いが全て異なりますのでご了承ください。

  • 手作業