TOP > 人と人を結ぶ。「musubiba.」

事例はこちらからご覧いただけます

人と人を結ぶ。「musubiba.」

こんな家が建てたい。こんな建築士に出逢いたい。そんな希望に、少しだけお手伝いをさせて頂こうと立ち上げた田村材木店90年の実績が繋ぐ『人と人の出会いをそっと橋渡しする』建築屋さん紹介のページです。

問い合わせ自体が苦手・・・そんな人の為に作ったページです。なるべく解り易く作りましたのでゆっくりお進みください。

この人にはあそこの工務店さんがぴったりだと思うんだけどな〜

やっぱり木の家がいいよね。木の家となると、工務店探しから始めるようだな。希望は、木が見えてて、天井が高くて、あったかくて・・・・・さて、どこに頼もうかな・・・ まずはHPで検索!色々と細かく写真とかで解説してるけど実際はどうなんだろう?ちょっと試しに問い合わせてみる?けど、知らない工務店ってやっぱり心配。話を聞いても内情までは解らないし・・・本当に信用できる会社なのかな。なんの伝手もないって、不安は尽きないよね。どうすれば自分の希望を叶えてくれる工務店さんに出会えるんだろう・・・

田村材木店は大正10年創業。
約90年間、栃木県日光市で木材の小売販売業をしています。
おかげさまで、大工さん、工務店さん、設計士さん、ビルダーさん、
土木屋さんなどなど、数多くの建築に携わる皆様に、直接のお取引・納材をさせて頂いています。
これがかれこれ、90年もの間続いているわけですから・・・
何処にどんな建築屋さんがいて、どんな仕事をするのか。
人柄は?経営状況は?得意不得意は?
そんなこんなの情報を一番持っているのが、弊社のような「材木屋」です。

そもそも、工務店・建築士・設計士・大工・建築家・・・・誰がどんな役割を持っているか解りづらい、複雑な業界なんですよね。ここでは、全てまとめて「建築屋さん」と呼びましょう。

田村材木店さんは、建築請負を行ってますか?

近年メールでの問い合わせで、よく聞かれる質問です。

「残念ですが弊社は、木材販売の専門店なので建築請負を行ってはいません。」「では、工務店さんをご紹介いただく事は可能ですか?」「よろこんでご紹介しますよ。」

今までにどのくらいの皆様に、建築屋さんを、ご紹介してきただろう・・・
今では、そんな建築主さんと年に1度、「植樹祭」の場で顔を合わせるのが、とても楽しみになりました。
中には、薪をもらいに来たり、ウッドチップをもらいに来たり、代わりにお酒を置いていったり?
年に数回弊社を訪れる人も増えてきちゃいました。

弊社へのメールでの
問い合わせで多いのは・・・

  • ハウスメーカーじゃなくて工務店で家を建てたいが、どこにどんな工務店さんがいるのか分からない。
  • 小さな業者に頼むのは制度や保証の面で不安。建築後も安心できる所ってどこですか?
  • 木に囲まれた家が造りたい。
    木の家造りに詳しい設計士はいますか?
  • 安心して依頼が出来る建築請負業者は?

    大きな買い物ですから、慎重になりますよね。

建築屋さんの
内情をよく知ると・・・

  • 真面目で真剣で、建築に対する熱い思いを持っているのに、営業が下手。
  • 木の事や建築資材全般はとても詳しいのに、情報発信の方法は苦手。
  • 人づきあいやアフターメンテは上手なのに、メールのやり取りができない。
  • 抜群の技術を発揮できる仕事が少ない。

    結構いるんですよ。ホントに。

幸い弊社には、ホームページを管理する社員と、制作を担当するデザイン会社がいて、
弊社の製材品を使ってくれている、数多くの取引先がいる。
ちょっとだけ、弊社の仕事は増えるけど、取引先の建築屋さんが「木の家」を希望する建て主さんと
出会う事が出来れば、いずれは、回りまわって弊社の利益にだって繋がるはず?いや繋がるぞ〜!

このmusubiba.は仲介などという業務的なものではありません。「そっと橋渡し」がポイントです。材木屋から見て、「本当に良い家を建てるな〜 営業がもっと得意ならいくらでも受注できるだろうにな〜 惜しいな〜 誰かに紹介したいな〜」がスタートラインですので、仲介業とはちょっと違います。なので、このご紹介に関わる費用・仲介料などは一切発生しません。ご紹介をするだけなので勿論無料です。仲介業や紹介業の場合、契約に至れば紹介先から数%のバックマージンを受け取る仕組みになっているようですが、そんなことは一切しません。だって、弊社は通常業務の中で木材を普通と変わらず販売する事が出来ますし、地元地域産業の発展にも繋がる。真面目に一所懸命やってる業者が普通に受注できるようになれば、弊社も永続的に事業展開が望める。これは共存共栄の考え方で、家造りに関わる費用をどこか一社が偏って受益する事なく、限られた予算を適正に分配する事でお互いが発展をしていくのが重要なんだと考えているからです。

ここまでは、ご理解いただけましたでしょうか?

では、musubiba.の利用方法を説明いたします。

弊社ホームページのお問い合わせから、普通に希望を添えてメールを送るだけ。です。
くれぐれも、ひやかし・からかい半分でのお問い合わせだけはしないでください。こちらはかなり真剣です!!

ここに少しだけ、弊社の取引先の建築屋さんが建てた物件の写真を紹介します。少しだけイメージを膨らませてください。

素敵な物件がたくさんありますよ。

最後に、注意事項とmusubiba.のルール。

(1)お問い合わせ頂いた情報は他に流しません。
紹介先には、ご依頼頂いた皆様の名前や住所などの情報は、一切洩らす事はありません。
(2)ご自身の判断にお任せしています。
問い合わせがあった事、ご紹介させて頂いた事なども、紹介先にお伝えする事はありません。
と言う事は、紹介先も紹介をされたこと自体知らないという状況になりますので、連絡をとるとらないを含め、
この先へは、ご自分で見て・聞いて・判断して、ご自身でお進みください。
(これを理解されたうえで、弊社の仲介や口添えが必要と判断された場合には遠慮なくお知らせください。)
(3)紹介先へのお問い合わせはお気軽に。
基本的に「不必要な後追い・不必要な営業行為」を行う事のない建築屋さんしか紹介しませんので、連絡に不安は無用です。出来れば直接お電話ではなく、まずはHPからメールなどでの連絡から始めてみてください。
まず無いと思いますが、万が一対応が悪い場合は、弊社にご一報ください。今後紹介しません!!
(4)紹介先は弊社の取引先です。
ご紹介させて頂く建築屋さんは、実際に弊社と長年取引をしている建築請負業者になります。
取引を行う事で、考え方や人柄、会社の経営状況まで含めた内情をある程度把握する事が出来るので、
安心して任せられる事に繋がると考えています。
逆を返せば、取引がない所は内情が全く分からないのでご紹介が出来ません。
(5)施工の範囲は概ね栃木県内です。
紹介先は栃木県内の建築屋さんです。勿論、栃木県外関東近県の取引先は多々ありますが、
県内に比べ絶対数が少なく、同じ施行範囲内で比較ができる建築屋さんがいない場合が殆んどの為、
基本的には栃木県内の建築屋さんを紹介する事になります。その為、建築屋さんにもよると思いますが、
概ね施行範囲は栃木県内に絞られると思われます。
(6)紹介先が全てに於いて適しているとは限りません。
家造りへの希望や要望、こだわりや好み、そして年代や家族構成などをお伺いし、弊社の取引先より、
あなたに合った建築屋さんを、出来る限り絞ってご紹介させて頂きますが、必ずしもそこが適しているとは限りません。
その為、複数社をご紹介させて頂く場合や、その反対に弊社の取引先ではご希望に添えずご紹介できない事もあります。
ここからどう前に進むかは、やはりご自分で確かめながら進んでいくことになります。
(7)最後はやっぱり人。
ご紹介させて頂く建築屋さんは、ある程度の内情まで把握しておりますが、最も重要なのは「人と人の相性」だと考えています。要望に沿った家造りを行えたとしても、建て主との相性が悪ければ、紹介先に断られる事もあるそうです。ここまではメールのやり取りだけでは判断がつきにくい所ですので、その際はご了承ください。
(8)新築ばかりではありません。
ご紹介するのは新築を希望する建て主様だけではありません。家造りには新築が得意な業者もいれば、
リフォームや修繕が得意な業者もいます。逆に言えば、全てが行える業者は少ないということになります。
(9)もめないようにしてくださいね。
弊社の取引先には、musubiba.を始めます、といった告知はしてあり、ご了承は頂いていますが、
musubiba.の性質上、ある意味こっそり紹介をする事になります。相性の問題や金銭的なトラブルで、
何か問題があったとしても、弊社にはどうする事もできません。
musubiba.を始めるに際して、取引先には、初めから不正を目的に、話を持ち込んで来る建て主もいるかもしれないが、弊社が見抜けなかった場合、そのままご紹介をしてしまう事になるかもしれない危険性も、同時にはらんでいますとの説明はしていますが、ここから先は、全て自己責任で対応をお願いする事になります。
ご理解の上ご連絡をください。
(10)最後にお願い。
最終的にどうなったのかを教えてください。いい感じで話がまとまったのか、それとも・・・なのか。
どちらの方向に進んでもmusubiba.の流れ上、報告がない限りどうなったのか全く分かりません(笑)。
せめて良い方向に進んだら「ありがとう。」って言ってほしいな〜

まずは軽い気持ちでメールを送ってください。少しやり取りをしながら、徐々に話を進めていきましょう

いきなり本題に突入されると、こちらも慌ててしまいますので・・・

お問い合わせはこちらから