田村材木店の仕事

TOP > 田村材木店の仕事

基本的な仕事の流れ製材編

(有)田村材木店は、建築材・土木材・製箱材・工芸材など、製材品に携わる業者の皆様に納材することを専門に創業 から90年。多くのお客様に愛され、この日光市に於いて「材木屋」を営ませて頂いております。

大規模な大量生産工場とは違い、産地の明確な日光地区の原木を素材に、家一軒分の木材製品全てを生産する 「一棟挽き」という形態が田村材木店の特徴です。

ここでは、原木から製材品を生産する一例をご覧ください。

※JavaScriptを使用しています。ブラウザの設定で有効にしてください。 ※FLASH PLAYER 8 以上が必要です。
>>こちらからダウンロードいただけます。

説明しよう!田村材木店は「小売り専門」の材木屋なのだ!現在の木材業界は「製材」と「小売」が分業していて、「小売専門の製材業」っていうのは、とっても珍しいんだ。田村材木店の製材工場は、大型量産工場の近代的な設備から比べると、昔ながらの小さな製材工場だけど、「家」一軒分の多種多様な木材を全て製材するには適しているんだよ。どんな注文にでも対応できるんだ!

建築現場に納材するまでの流れ構造材編

良質な日光材を広く多くの皆様にご利用いただく為に、田村材木店では弊社の製材品を「プレカット加工・手刻み加工」を施した加工品として、「森林認証材・とちぎ日光材」の二つのブランドで建築現場にお届けしております。

山に行こう!施主伐採事業に於いては森林認証SGECの流通を基本に、SGECのFM山林から搬出された原木を、 認定事業体のCoC認証製材工場の弊社を経て、CoC認定プレカット工場で加工された構造材を、小規模ネットワークの流通で「森林認証材」として現場に直接搬入致します。また、通常の販売に於いては、弊社の提携山林及び提携プレカット・手刻み委託加工を経て「とちぎ日光材」をお届けしています。

尚、部材のみの販売も行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

山に行こう!森林認証材 山(森林)→田村材木店→プレカット加工→建築現場

通常販売とちぎ日光材 山(森林)→田村材木店→プレカット加工・手刻委託加工→建築現場

【山林】山に行こう!は有限会社高見林業のSGEC認証林から搬出された原木のみを使用します。通常販売の場合は基本的に日光地区材の原木を使用いています。双方に於いて、伐採時期や伐採方法などの指定も対応できます。また、合法木材・県産材の証明もしております。【製材】山に行こう!ご利用の場合は、徹底したSGECの分別管理基準に則り「森林認証」表示を行い、全て受注生産品にて納材いたします。通常販売の場合は、弊社にストックされたとちぎ日光材を納材いたします。また、構造材に於いては「とちぎ日光材」表示を行い、一般流通の市場材とは質の異なる良質材をご提供しています。【プレカット】山に行こう!ご利用の場合は、基本的にプレカット加工までの受注を基本としています。SGEC森林認証認定事業体の工場でプレカット加工及び現場配送を行います。通常販売に於いてもプレカット加工及び現場配送まで対応させて頂いており、物件に見合ったプレカット工場を弊社提携プレカット工場5社からお選びいただく事が出来ます。【手刻み委託加工】大工職人による手刻み加工の委託も行っています。詳細についてはお問い合わせください。【現場納材】山に行こう!通常販売共に、加工された良質な「森林認証材・とちぎ日光材」の構造材を現場にお届けします。

プレカット加工品の現場納材に至る基本的な流れは下記の通りです。

弊社への図面の送付→プレカット図の作成→プレカット打合せ→プレカット図の修正・承認→加工→現場納品

山に行こう!の場合、施主が山で伐採体験を行う事からスタートします。伐採木を含め同じ山林から一軒分に必要な原木を伐り出す事から始めるフルオーダーメイドの受注生産方式をとっていますので、木材の乾燥を含め通常販売より長期の納材期間が必要になります。尚、森林認証の流通でトレースアビリティ(生産履歴)を重視しておりますので、CoC認定プレカット工場での加工・納材が基本になります。

通常販売の場合は、乾燥施設で出荷待ちの乾燥材を使用し、弊社提携プレカット工場5社からお客様のニーズに合わせてお選び頂いた上で加工手順に入りますので、図面の送付から現場納材まで、約1ヶ月程度で対応する事が出来ます。

手刻み加工品の現場納材に至る基本的な流れは下記の通りです。

弊社への図面の送付→大工職人との打合せ→大工職人手刻み加工→現場納材→建て方

プレカットでは対応できない。又は、手刻みが希望という物件の受注の為に、大工職人による手刻み委託加工を行っております。依頼先の木造建築物構造材の墨付けから手刻みに至るまでの「伝統的な手刻み加工」を日光の大工職人が行い、加工された構造材を現場にお届けしています。刻みに入る前の十分な打ち合わせや、刻み後の現場対応(刻みまで・建て方まで)など、詳細の打ち合わせが必要になりますので、まずはお問い合わせください。

尚、弊社では日光の社寺仏閣の建築の流れをくむ、技術の高い大工職人の技術の継承や、職人不足による地域産業の衰退を防ぐことを目的としておりますので、手刻みに掛かる費用及び運搬費などの実費以外の、中間マージンは一切請求いたしません。

部材について

山に行こう!・通常販売共に、構造材の基本は「杉(すぎ)」になります。
土台及び柱は杉・桧から選択する事が出来ます。梁材に於いては地松(太鼓梁)の対応も可能です。
弊社では米松及び集成材の推奨は行っていませんが、設計上の観点から一部集成材をご利用になられる場合は、栃木県産の集成材にて対応いたしますので、その旨をお伝えください。
また、構造材に付帯する野物材(羽柄材)の同時搬入も対応しています。