製材品紹介

TOP > 製材品紹介 > 野物(羽柄)材

商品一覧
杉│床板
杉│羽目板(赤身)
杉│羽目板(白太)

宇都宮大学×田村材木店×森林認証=??? 正解はこちら

建築用・土木用 野物(羽柄)材

野物材(のものざい)・羽柄材(はがらざい)とは建築材の主要部材を補う下地材の総称です。

野物(羽柄)材とは、主に木造建築の骨組み材となる「構造材」と、仕上材(化粧材)になる鴨居や敷居、天井板、建具材や家具材などの「造作材」以外の、主に下地材や補助部材として通常建築に於いて隠れてしまう部材の総称として用いられる建築用語です。

建築に使用する木材は大きく分けて「構造材」「野物(羽柄)材」「造作材」に分類されますが、野物(羽柄)材は、骨となる「構造材」と仕上がった後に目に見える「造作材」の『繋ぎ役』を担うような部材です。広く「野物(羽柄)材」と括りますが、その形状や大きさ長さは地域やご利用頂く方の要望により様々です。通常は何かを仕上げる為の下地として使用する事が多く、節や色、杢目や樹齢などにはこだわらない部材としてご利用頂いております。

田村材木店では一般建築用材・土木用材全般の木材製品を取り扱っています。一般的なものから特殊なものまで、自社製材の特徴を活かした製品造りを行っていますので、規格寸法の製材品は常時製品化して在庫しておりますが、その大半は「半製品」として耳付原板の状態で乾燥させています。ご注文に応じて修正挽きや小割して対応いたしています。

通常在庫品(規格品)一覧 ※一部抜粋

野物(羽柄)材は、栃木県内で一般的に使用される頻度が高い「規格寸法」の製品は常時在庫をしています。下記にその一例を記載します。

また、田村材木店の在庫量は「規格寸法」の製材品よりも、どんな注文にでも対応できるために準備している「半製品」の方が圧倒的に上回ります。
野物(羽柄)材は、地域毎や建築業者様によって使用する寸法が異なる場合が多く、規格だけで対応する事が難しい為、まるっぴき(丸挽き)という丸太から厚みだけ決めて製材した材を多く保有しています。こうする事で、現代建築で必要とされる「乾燥」が進んだ材を、注文に応じて挽き直すだけで対応する事が出来ます。

こうした事から下記に記載されていない寸法の野物(羽柄)材でも「必要とする寸法」をお知らせ頂ければ生産する事が出来ます。

角物
主な用途(名称) 樹種 長さ(mm) サイズ 備考
瓦桟 3640・4000 18×18 造作用・羽柄用
見切・押縁・竿縁等 杉・桧 3000・3640・4000 24×30 造作用・羽柄用
見切・押縁・竿縁等 杉・桧 3000・3640・4000 30×30 造作用・羽柄用
野縁 3000・3640・4000 30×40 羽柄用
垂木・野縁 杉・桧 3000・3640・4000 36×45 羽柄用
その他 厚45シリーズ 羽柄用
板物
主な用途(名称) 樹種 長さ(mm) サイズ 備考
野地板・荒床・化粧用 1820 12×150〜300 造作用・羽柄用
ラス下・ザラ板・中貫 杉・桧 3000・3640・4000 12×80 羽柄用
胴縁・半貫・小貫 杉・桧 1820・3640・4000 14×45 造作用・羽柄用
貫・大貫 杉・桧 1820・3640・4000 14×100 造作用・羽柄用
破風板 3650・4000 24×150〜
(30mm置き)
羽柄用
間柱・窓台・まぐさ 杉・桧 3000・3640・4000 27×90 造作用・羽柄用
間柱・窓台・まぐさ 杉・桧 3000・3640・4000 27・30×105 造作用・羽柄用
間柱・窓台・まぐさ 杉・桧 3000・3640・4000 27・30×120 造作用・羽柄用
棚板材 1820・2000 21・30×300 造作用・羽柄用

説明しよう!野物(羽柄)材はそれぞれに名称があって、それは建築に使用する箇所に由来するんだ。例えば・・・「3000×30×120」といった木材がある。柱と柱の間に使えば「間柱」と呼び、根太を乗せれば「根太掛け」になるわけだ。材木屋は寸法も必要だけど「どこに使用するのか?」がとっても重要!それは、使用する場所によって製材の方法や等級・程度が変わるから。注文の際には「何に使うのか?」をお知らせくださいね。

1寸5分45mmシリーズ

厚み45mmを基本とした部材にご利用いただく為に製材寸法を厚み50mmに製材し天然乾燥と人工乾燥で耳付のまま在庫しています。

ご注文に応じて巾の挽き直し(小割)をしますので、巾300mm程度までmm単位で必要な寸法の製品注文に対応できます。
45mm厚仕上がりの製品は通常全て受注生産で挽き直しプレーナー仕上げを行っておりますので、1丁単位でのご注文をお受けする事が出来ます。

製品化工程

樹種 長さ(mm) 厚み(mm) 巾(mm) 仕上
杉(スギ)
桧(ヒノキ)
3000 45 基本寸法:巾
45・60・90・105・120
プレーナー仕上
3640
4000 特注寸法:〜300程度
5000

※長さは3m・3.64m・4m・5mの4種類になります。
主な建築用途は厚み45mmを基本とした部材(垂木・根太・筋交 等)にご利用頂いております。
等級の基本は節有材ですが、柾目取り、節無などの注文にも対応できます。

説明しよう!45ミリシリーズは田村材木店の最も得意な野物(羽柄)材なのだ!丸太を50ミリ(5ミリの削りしろをプラス)の厚みに製材して、その状態のまま乾燥させて在庫。注文が入ると、必要な巾に再度製材して、プレーナー仕上げ(カンナ仕上げ)して出荷しているぞ!杉(スギ)なら長さは4種類「3m・3.64m・4m・5m」。桧(ヒノキ)なら長さは2種類「3m・4m」。なので・・・『長さ□000? 厚み45? 巾□□?』といった注文に対応できるぞ!