製材品紹介

TOP > 製材品紹介 > 造作材

商品一覧
杉│床板
杉│羽目板(赤身)
杉│羽目板(白太)

宇都宮大学×田村材木店×森林認証=??? 正解はこちら

造作材│日光産 杉・桧 無垢材

杉 無垢 枠材

杉 無垢 階段材・カウンター材

造作材(ぞうさくざい)とは化粧材とも呼ばれ加工を施す仕上材の総称です。

造作材とは、主に和室等に使用される敷居・鴨居・廻り縁・天井板等を始めとし、壁材としての羽目板や、床板等も造作材に分類されます。削る、加工するなどの手間を加え、一般的には構造材の骨組みが完成し下地材としての羽柄材を施行した後に、最終的な仕上材として用いられる事の多い、その名の通り「造作」する材の総称が造作材になります。

天然乾燥の半製品

構造材や羽柄(野物)材に比べ、造作材の種類や寸法は多岐に渡ります。
造作材は建築に於いて最終的に目に触れる場所に使用する部材になりますので、建築を行う業者様によってその寸法は様々です。田村材木店ではそうした造作材の受注に対応する為、「天然乾燥の半製品」にて在庫しております。

天然乾燥の半製品

造作材の等級

造作材は「役物(やくもの)」とも呼称され、一般的に流通する木材の等級に加え、造作材特有の「等級(とうきゅう)」が有ります。 ここでは、造作材として基本的に必要な等級を記載しますので、発注に際しての基準として参照して下さい。

造作材の等級STEP1 木取り
板目 柾目

造作材の「木取(きどり)」には大きく分けて2種類の製材方法があります。
上の写真の左側は「板目(いため):板目取り」といいます。一般的に見かける木材は板目が基本になります。右側は「柾目(まさめ):柾目取り」といいます。柾目は接線方向に対し直角に製材するので、板目に対して収縮率が低く変形を起こしづらい、晩材と密度の関係からキズが付きづらいなどの特徴があり、建具材などに多く用いられる木取りになります。

この板目と柾目は化粧部材に於いて「見せる」という観点からも重要な意味を持ちます。
したがって、廻り縁や巾木、鴨居や框などに於いても、どちらの面が「柾目」なのか、どちらの面が「板目」なのかの指定によってその部材の表情が大きく変わることになります。

日光地区木材流通研究会:杉
追柾

ちなみに。
柾目は本来、接線方向に直角が基本ですが、製材過程に於いて、柾目と板目の中間部分で製材をする場合が多々あります。柾目ほど木目が均一に通っていないが、板目ではない。これを「追柾(おいまさ)」といいます。

造作材の等級STEP2 色(部位)

造作材の「木取(きどり)」に続いて、色の指定も必要になります。特に「杉(すぎ)」の場合、ヒノキやヒバ等とは異なり、心材(赤身)と辺材(白太)の濃淡がはっきりとした樹種では、色を指定する、色を合わせるといった行程が、化粧材としての見栄えや用途を考慮したとき、とても重要な要素となります。

白(白太:辺材)
白(白太:辺材)

辺材の部位を、業界では「白」と呼称します。樹齢を重ねる毎に辺材部は少なくなっていきますので、白一色で幅広(300o以上)を製材する事は難しい。白は汎用性が高く和洋に馴染み、比較的無節を製材しやすいので、廻り縁や押し縁等の小さな部材や、枠材などに使用されることが多い。

源平
源平

辺材の白と、心材の赤が入った部位。赤い旗と白い旗を掲げて戦った「源氏」と「平家」がその名の由来。巾の広い板目材や、長押等の柾目は殆どがこの源平になります。どちらかといえば最も製材しやすい部位ですが、杉の場合その濃淡がはっきりとしているので、色合わせが重要。

赤(赤身:心材)
赤(赤身:心材)

日光赤杉フローリングもこの心材(赤身)だけで作っている製品。中心部に近づけばそれだけ節の出る確率も上がるので、赤身の役物は希少価値が非常に高い。辺材(白太)と比べて0.01程密度が大きく、キズに強く耐久性に優れています。赤身に関しては日光赤杉フローリングを参照して下さい。

黒/赤
黒/赤

赤(赤身:心材)で最も注意しなくてはならないのが「色合い」です。特に杉の心材は色むらが大きく、個体差も大きいので、同じ色合いで揃える事がとても難しい。弊社の日光赤杉フローリングや古紅を生産する際に最もロスがでる原因となっています。しかしながら、「黒」は赤よりも耐蟻性や耐久性に優れているとの文献も有ります。黒こそ狙って製材できる物では無いので、その希少価値は最も高いのかも?

造作材の等級STEP3 等級(節)
白無節(しろむぶし・しろむじ)

無節(むぶし)
節の無い材を指します。地域や人によってムジ(無地)と呼称されていたりします。無節は単に化粧で見える部分(1面とか2面など)に節が全く無いものを指す名称であり、これに杢目や色などを加えることで造作材としての価値が生まれます。いわば、単純に節が無いだけでは造作材としての価値は生まれないという事です。

赤上小節(あかじょうこぶし)

上小節(じょうこぶし)
節の大きさに公式な基準が無いので、生産する製材工場によってその程度は変わりますが、小指の爪ほどの大きさの節が数箇所程度あるものを上小節といいます。今でも地域によっては存在する等級「小節(こぶし)」よりも節が小さい、数が少ないなど、「小節よりも上」から来ている等級です。

造作材は「木取り・部位・節」の組み合わせなのだ!造作材は木取りと部位、節を組み合わせて初めてその価値が生まれるぞ。構造材や羽柄(野物)材と違って、造作材こそ材木屋の真価が問われるのだ!