山へ行こう!

TOP > 山に行こう!

山に行こう!
よくあるご質問
建築業者様へ

山に行こう!

私たちと一緒に山に行って、木が持っているその素晴らしさを体験してみませんか?

あなたはどんな家が建てたいですか?あなたにとって住み心地の良い家とは、どんな家でしょうか?

素敵なマイホームを建てるには、デザインももちろんですが、「素材」も大切です。家自体の耐久性や、子供がいればアレルギーなど健康面にも配慮が必要になります。

素材に目を向けること。
それは、本物の家を考え、地球環境を考えることにも繋がっていきます。あなたが住む家に使う木を、あなたの手で伐採し、またあなたの手で未来のために植林する。

山に行ってそんな体験をしてみませんか?

イメージ画像01

ライン

『全国30選に選定されました。』

私たちの行ってきた「山に行こう!」ネットワーク事業が、2009年4月 「平成20年度林野庁補助事業 住宅分野への地域材供給支援事業 顔の見える木材での家づくり普及支援事業」『顔の見える木材での家づくりグループ30選』 に選定されました。

今後も更に内容を充実し、建て主様に一生涯の思い出と感動を添えて、顔の見える木材を提供してまいります。

全国30選に選定されました。

ライン

『我が家の物語』をつくろう!

家を造るという事は、家族にとっての新しい物語を紡ぐという事です。
あなたの目で選び、あなたの手で木を伐って、そして未来への種を蒔く。他にはない、あなただけの「我が家の物語」をつくりましょう!

※JavaScriptを使用しています。ブラウザの設定で有効にしてください。 ※FLASH PLAYER 8 以上が必要です。
>>こちらからダウンロードいただけます。

 ライン

森林認証材として建築現場に納材するまで。究極のトレースアビリティ(生産履歴)への挑戦

「山の木」を「家の木」として、確実にお届けする仕組みが森林認証です。
「山に行こう!」は、建築主との直接の関わり合いを基本に、豊かな自然環境と持続的な木材生産を両立する健全な森林育成を保証するシステムの、両輪が軸となっています。
顔が見える事。森林認証である事。これが「山に行こう!」です。

※JavaScriptを使用しています。ブラウザの設定で有効にしてください。 ※FLASH PLAYER 8 以上が必要です。
>>こちらからダウンロードいただけます。

流通の詳細は「田村材木店の仕事」をご覧ください。

建築現場に納材するまでの流れ(構造材編)

 ライン

思い出と感動を「カタチ」に変えて。伐採体験フォトギャラリー

 ライン

イメージ画像02

自分で伐採した木で家造り」まずはお問合せ下さい。

田村材木店は、製材のプロである材木屋であるため、建築の請負いは行っておりません。
山に行って、自分で伐採した木で家を造りたい方は、以下のいずれかをご検討頂き、まずはお問合せ下さい。

依頼をしようとしている建築請負業者・設計士に田村材木店をご紹介下さい。

建築は、建築請負業者や設計士の趣向、こだわり、また建築様式の得意不得意などによって、できあがる家は大きく様変わりします。そういった事を踏まえ、まずは施主が自ら選んだ自分の好みに合う建築請負業者に、「自分で伐った木を使って家を造る建築でお願いしたい」という事をご説明下さい。そして、当社についてや、このサイトについてをご紹介頂き、その後ご紹介頂いた建築請負業者と当社間での打ち合わせによって、進めていきます。木造であれば、全ての建築業者様に対応可能です。

イメージ画像05

田村材木店が責任を持って実積のある建築請負業者様をご紹介します。

建築請負と山に行こう!に関する問い合わせ増加に伴い、建築屋さん紹介のページ「musubiba.」を立ち上げました。
musubiba.の注意事項をご覧の上、「山に行こう!希望」と必ず明記して、お問い合わせください。この事業の詳細などを、メールでやり取りしながらご要望を伺い、山に行こう!ご活用実績の高い建築屋さんを優先に、ご紹介いたします。

イメージ画像06

musubiba

 ライン

私達が山で皆様をお待ちしております。

日光材の故郷。
栃木県粟野の山奥で皆様のお越しをお待ちしております。
美しい清流を横目にちょっとしたドライブ。
第二の故郷は、少し遠いくらいがちょうどよい。
人生最大のイベントを、私たちと一緒にここから始めませんか?

有限会社高見林業 代表取締役 斎藤正

有限会社田村材木店 代表取締役 田村文宏

 ライン

山に行こう!が雑誌・本で紹介されました。

雑誌・本